環境マーケティングの必要性
環境マーケティング戦略
生物多様性も考えなければならない
環境マーケティングSWOT分析
2:8環境製品の発掘開発
ADVANCE戦略プログラム
生物多様性も考えなければならない。 

環境マーケティングを計画するにあたり「生物多様性」もファクターに入れる必要があります。
地球環境の中で暮らす人々は生物がもたらす生態系のバランスがたもたれているなかで恩恵を受けています。
私たちは過去から未来へと生態系バランスが保たれた状態で引き継ぐ責任があります。この生態系のバランスがくづれた場合、生物の食物連鎖が寸断され、生態系は崩壊へと向い、絶滅する生物種が増え地球規模での生物危機が起こることとなります。
この生物危機が起こる最大の要因が地球の温暖化です。
地球では約175万種以上の生物が暮らしています、まだ確認されていない種類の生物がその何倍もいるとも言われています。
森林や河川、海洋生物などの生き物は約40億年もの進化とともに環境に適応してきたことで多様なバランスの生態系ができています。
同種の生物であっても地域により遺伝子レベルの違いがあります。
これら地球上の多種多様の生物は環境に応じた相互の関係を保ちながら、生態系を形成しています、これが「生物多様性」です。
「生物多様性」の生態系からは多くの恵みを人間は享受しています。医薬品・食べ物・微生物浄化による水・紙・栄養食品など数えきれません。
「ミレミアム生態系評価」によると、これまでに約千倍の速度で生物が絶滅しているといわれています。こうした現象は人間のもたらす活動によるものと言われています。
環境マーケティングを計画する中で企業として地球温暖化防止とともに生物多様性も同時にどう保全するかを考えなければならないでしょう。



Copyrights (C) EscoAdvance,inc. All Rights Reserved.