環境マーケティングの必要性
環境マーケティング戦略
生物多様性も考えなければならない
環境マーケティングSWOT分析
2:8X環境製品の発掘開発
ADVANCE戦略プログラム
環境マーケティングSWOT分析。 

SWOTはマーケティング分析で戦略を検討するときに用いられるご承知の分析方法です。Strengh強み、Weakness弱み、Opportunity機会、Threat脅威の全体的分析で戦略を練るというのがSWOT分析です。
環境マーケティングSWOTは、基本SWOT分析に環境ファクターを組み入れた分析方法です。情報分析にも環境ファクターを組み入れます。
環境ファクターは、空気・水・エネルギー・CO2・生物多様性・化学物質・廃棄物などの企業をとりまく環境負荷の取り組み、あるいは実践の社内分析する上でSWOT分析に重ねあわせます。
従来のSWOT分析に環境マーケットファクターを組み入れることで新たな戦略ドメイン、あるいは戦略製品を発掘しようとするものです。
SWOT分析から戦略を求める場合は、守りの戦略ー改善、と攻めの戦略ー差別化、の二つの方法がありますが、環境マーケティングSWOTでは攻めの戦略ー差別化に集中します。
環境マーケットファクターの中では特に消費者とコミュニケーションがはかれるCO2・生物多様性ファクターです、この分野の差別化を強化して攻めの戦略をできるように分析し、戦略します。
強みStrengh 
環境マーケットファクターのどこが強みか浮き彫りし、
強みがなければ強みを創造するなど、強みを活かした戦略をする。

弱みWeakness
環境マーケットファクターに対して何が弱みか抽出し。
弱みを補い、カバーする方法を考え戦略する。

機会Opportunity
環境マーケットはこれからのびることはわかっています。
チャンスドメインがどこか、機会を活かす戦略をする。

Threat脅威
環境マーケットはグローバルマーケットです。グローバル戦略下での競争劣化ドメインを避け、オリジナルドメインを見つける。
そのためにも他が参入できない強みの資産を発掘して戦略する。



Copyrights (C) EscoAdvance,inc. All Rights Reserved.