環境マーケティングの必要性
環境マーケティング戦略
生物多様性も考えなければならない
環境マーケティングSWOT分析
2:8X環境製品の発掘開発
ADVANCE戦略プログラム
環境マーケティング戦略。 

マーケティングの概論は実にシンプルです。企業資源を提供し消費者からROIをいただくことです、その手法が戦略です。
環境マネジメントがありますが、経営の効率化は戦略ではありません。戦略とは企業競争を優位に動かすための手法です。
環境マーケティング戦略とは独自の環境価値を提供して企業競争の優位性生み出し、消費者からROIをいただく手法です。
企業競争に勝つためには、他社との差別化と独自性をもって実践することでしょう。独自性の明確化と創造力が必要です。
独自の環境価値とはなんでしょうか、環境対応製品・商品・サービス・付加価値などです。それを裏付ける資源の独自性が必要となってきます。
独自性は自社の強みです。強みは独自の資源に裏付けされていなければなりません。差別化できない資源はいずれまねされ、独自の強みではなくなってきます。そして企業競争で敗北をすることになります。
独自の資源をもっているかどうかは企業の将来に大きく影響します。独自資源がなければ創り出すという創造力が必要です。
環境という新たなファクターは、独自の資源の新たな創造力となってきます。 エスコアドバンスは環境マーケティング戦略をご一緒に考え、提案させていただきます。



Copyrights (C) EscoAdvance,inc. All Rights Reserved.