環境マーケティングの必要性
環境マーケティング戦略
生物多様性も考えなければならない
環境マーケティングSWOT分析
2:8X環境製品の発掘開発
ADVANCE戦略プログラム
熱電変換システム
環境マーケティングの必要性。 

社会意識の中で環境を考えるという概念が定着してきています。それはこの100年あまりの間に、人類の経済発展のために化石燃料を多大に消費した結果、CO2が急速に増え地球に温暖化という悪影響をおよぼしていることを人々は認識しはじめています。
今からの100年後の地球環境も研究され、シュミレーションの結果は生物にとって厳しい地球環境になることを人々は感じとっています。
企業は発展しなければ淘汰されます。エコノミー主義だけでの経営はこれから消費者に受け入れられなくなる時代となってくるでしょう。
最近の消費行動において、環境を考えた企業活動、環境に配慮した企業製品を好んで消費する傾向になってきています
これから企業は環境対応を「守り意識」から「攻めのマーケティング戦略」要素を取り入れるべき時代になってきています。
大企業はすでに環境対応部門を立ち上げ、いずれ消費者のエコロジー要請が鮮明になることを見越して準備を始めています。
そのとき、同種の製品商品があるとすると、消費者意識は環境配慮した企業、商品を選ぶことでしょう。
従って、企業競争力を強めるためにも、エコノミーとエコロジーを融合した環境マーケティングがいま必要となってきています。
これから、新しい環境マーケティングステージが始まろうとしています。


Copyrights (C) EscoAdvance,inc. All Rights Reserved.