環境マーケティングの必要性
環境マーケティング戦略
生物多様性も考えなければならない
環境マーケティングSWOT分析
2:8X環境製品の発掘開発
ADVANCE戦略プログラム
2:8X環境製品の発掘開発。 

ABC分析で製品の優劣を分類し、売り上げの8割りを占める上位2割をA郡、下位5割をC郡、中間3割をB郡とし、C郡に環境ファクターを掛けた時に連動できる製品をBX郡とします、それ以外の製品は廃止候補に分類します。
分類は売り上げ・回転率・粗利・製品ライフ・差別化などを考慮に入れる。
これは、経営の効率化を進めるために、不要な製品を切り捨て経営をシェイプアップ化し経営機能を活性化します。
上位2割で売り上げを8割り占めている製品郡は下位8割の要因に左右されない。(パレートの法則)
いいかえれば売上の8割は全顧客の2割が生み出して、よって売上を伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞った製品サービスを行う方が経営が効率的になるいう考え方。
しかし8割のシェイプアップ化製品の絞り込みに環境マーケティングファクターで検証し、環境マーケティング製品を発掘。そして応用転用も考えれば、新しい環境製品を生み出す可能性があります。

Copyrights (C) EscoAdvance,inc. All Rights Reserved.