脱炭素化自己推進ツール・省エネ自己診断ツール・自己診断ツ
ール
脱炭素経営推進をサポートします。

脱炭素経営は3ッのカテゴリーで環境経営を推進していきます

Category1/Scop1.2のCO2ネットゼロ計画の推進
Category2/廃棄物の3Rからサーキュラーエコノミーへ
Category3/独自資源をSDGsに統合し新たな環境経営資源の創出




Category1/ CO2ネットゼロ計画の推進

Scope1.2のエネルギー削減計画の中長期計画を推進していく。
Scope3のCO2量の算定からホットスポットを特定し削減計画をする。

サプライチェーン排出量とは
事業者自らの排出だけでなく、事業活動に関係するあらゆる排出を合計 
した排出量を指す。つまり原材料調達・製造・物流・販売・廃棄など、一連の流れ全体
から発生する温室効果ガス排出量のこと。



Scope3排出量 

出典:環境省サプラーチェーンパンフレット



Category2/ 経営からでる廃棄物の資源循環化

3Rからサーキュラーエコノミーへ(廃棄物を富に変える)
「廃棄」されていた製品や原材料・梱包材料などを新たな「資源」と捉え、廃棄物を出すことなく資源を循環させる経済の仕組みで、大きなビジネスチャンスともなる。
この仕組み自社にない技術はオープンイノベーションすることで多様なビジネス展開となりえる。




Category3/ 独自資源をSDGsに統合し新たな環境事業の創出

持続的に収益を拡大させていくには独自経営資源に、SDGs/MLGsの統合で新たな経営資源を創出し、持続的な収益拡大をめざします。創出STEPは以下のとおりに進めていきます。
詳しくは<SDGsな経営資源の創出ガイド>をご請求ください。




<SDGsな経営資源の創出ガイド>




| Home | Polcy | Company | 事業内容業務実績リンクE-mail |削減
Copyrights (C) EscoAdvance,inc. All Rights Reserved.