脱炭素経営はまず自社のCO2削減にとりくみます。

脱炭素経営はまず経営で使用するエネルギーを最小エネルギーで最大効率を上げることを目指します。そしてそのための診断が必要となります。

<CO2削減診断は企業のエネルギーの健康診断です>
事業所ではどこから手をつけて行くべきか悩まれているのが現状です。たとえば健康かどうかはまず、健康診断しますが、これは体の状態をデータで分析し、何か処置がひつようかどうか適切な方法を提示する手段です。
省エネも同様の手法をとります。事業所のエネルギーが最適な効果的な使われ方をしているかどうか診断し、問題を提議し解決策を提案します。

<診断は実績のある企業で>
弊社はCO2削減診断の専門企業として多くの実績を持ち経営者の立場に立った最良最適な提案を行います。
下記省エネ基本手法フローから最適な省エネ診断提案を行い、継続的な省エネ活動を実施できるようにフォローまでいたします。
脱炭素経営推進チームが計画した、脱炭素手法の4ッのテーマに沿った脱炭素事業の実施を行った後の効果検証を行い、手順どおりに目標削減ができているかの定量調査結果に基づき、脱炭素経営推進会議を経て次年度計画し実施に移していきます。



脱炭素経営推進するために

企業が持続可能的に発展していくためには、長期的な視野に立ち、社会のニーズを重視した経営と事業展開をしていかねばなりません。
社会ニーズである環境を考えたとき、経営から出る廃棄物の資源循環化も考えなければなりません。そして持続可能的に発展していくためには脱炭素経営に、SDGsを統合し新たな経営資源を創出し計脱炭素経営を推進していきます。
脱炭素経営ビジョン構想をトップダウンで推進することで、製品・事業活動の脱炭素化が一層進み企業業績に高効果を生み出し持続可能的な企業に発展していきます。
エスコアドバンスは脱炭素経営推進をサポートいたします。
<推進していくために脱炭素経営にSDGsを統合し新しい経営資源を創出する手法ガイドお役立てください>

<近日提供予定>



脱炭素計画提案フレーム

必要なメニューフレームで提案いたします。



| Home | Polcy | Company | 事業内容業務実績リンクE-mail |削減
Copyrights (C) EscoAdvance,inc. All Rights Reserved.